漢方薬治療体験談

漢方薬局で漢方薬治療を体験したことや、実践した健康法について赤裸々に語ります

【ツムラ漢方番号60番】桂枝加芍薬湯の効果や効能

f:id:kanpokanpo:20171009010112j:plain

腹痛をやわらげる漢方薬です。

桂枝加芍薬湯(ケイシカシャクヤクトウ)という方剤です。おなかが張って、腹痛や排便異常を起こしているときに用います。下痢もしくは便秘があってもかまいません。ふだんから胃腸が弱く、体力のあまりない人に向いています。

すべてのツムラの漢方は「【保存版】ツムラの漢方番号別の効能一覧」で確認してください。


桂枝加芍薬湯の市販薬について

桂枝加芍薬大黄湯は、漢方の原典である傷寒論に記載されている漢方薬で、おなかがはって、腹痛がある方の「しぶり腹(腹がはって大便を排泄したいが気持ち良く出ない、軟便やコロコロした便を排便した後またすぐに便意をもよおすような状態)」「便秘」に用いられています。ツムラ漢方桂枝加芍薬大黄湯エキス顆粒は、桂枝加芍薬大黄湯から抽出したエキスより製した服用しやすい顆粒です。