漢方薬治療体験談

漢方薬局で漢方薬治療を体験したことや、実践した健康法について赤裸々に語ります

【ツムラ漢方番号18番】桂枝加朮附湯の効果や効能

f:id:kanpokanpo:20171009010112j:plain

関節痛や神経痛に用いる漢方薬です。

桂枝加朮附湯(ケイシカジュツブトウ)という方剤です。体をあたため、痛みを発散させる作用があります。具体的には、関節痛や神経痛、冷えによる痛み、手足のしびれやこわばりに適応します。冷え症で、体力のあまりない人に向く処方です。

すべてのツムラの漢方は「【保存版】ツムラの漢方番号別の効能一覧」で確認してください。


桂枝加朮附湯の市販薬について

桂枝加朮附湯は、吉益東洞という江戸時代の医師が考案した漢方薬で、主に四肢の関節が痛んだり腫れたりして動かしにくい 「関節痛」「神経痛」に用いられています。ツムラ漢方桂枝加朮附湯エキス顆粒は、桂枝加朮附湯から抽出したエキスより製した服用しやすい顆粒です。