漢方薬治療体験談

漢方薬局で漢方薬治療を体験したことや、実践した健康法について赤裸々に語ります

【ツムラ漢方番号6番】十味敗毒湯の効果や効能

f:id:kanpokanpo:20171009010112j:plain

腫れ物や湿疹、皮膚炎などに用いる漢方薬です。

十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)という方剤です。皮膚の赤みやカユミを発散し、腫れや化膿をおさえます。また、そのようになりやすい体質を改善します。体力が中くらいの人に向く処方です。

すべてのツムラの漢方は「【保存版】ツムラの漢方番号別の効能一覧」で確認してください。


十味敗毒湯の市販薬について

十味敗毒湯は、華岡青洲という江戸時代の医師が考案した漢方薬で、発赤、腫脹、疼痛、熱感があったり、あるいは化膿しはじめの「化膿性皮膚疾患・急性皮膚疾患の初期」「じんましん」「湿疹・皮膚炎」「水虫」に用いられています。ツムラ漢方十味敗毒湯エキス顆粒は、十味敗毒湯から抽出したエキスより製した服用しやすい顆粒です。