漢方薬治療体験談

漢方薬局で漢方薬治療を体験したことや、実践した健康法について赤裸々に語ります

【ツムラ漢方番号1番】葛根湯の効果や効能

f:id:kanpokanpo:20171009010112j:plain

カゼのひき始めや、肩こりなどに用いる漢方薬です。

葛根湯(カッコントウ)という方剤です。発汗作用があり、体の熱や腫れ、あるいは痛みを発散して治します。病気の初期で、比較的体力のある人に向いています。具体的には、カゼのひき始めでゾクゾク寒気がするとき、また、頭痛や肩こり、筋肉痛、じん麻疹などにも適応します。

すべてのツムラの漢方は「【保存版】ツムラの漢方番号別の効能一覧」で確認してください。


葛根湯の効能

風邪薬としてよく利用される葛根湯は古くからなじみの深い漢方薬の 1 つです。

本質的には体力がある人に相応しい薬で、風邪の初期段階などの頭痛、発熱、寒さはあるが汗は出ないといった場合に効果的です。

葛根湯の特徴として、発汗を促すことで高温を下げ、風邪を打破しようとしま

近年の西洋医学の研究でも、抗炎症効能などが確かめられています。

初期段階と書いたように、実際に投与するのは発病後 1~2 日が基準とされています。

葛根湯を飲むタイミング

葛根湯は風邪の初期症状に適していると言われますが、 風や寒さの影響を受けて悪寒がする、節々が痛い、身体がだるい、頭痛などの症状が出た時に用いるもので、喉の痛みや汗が出る症状がある場合には適していません。

喉の痛みなら殺菌作用のあるような、自然の家庭療法がオススメです。

ただ、風邪以外にも色々なシチュエーションで処方されることがあるのと、症状の段階によって合う合わないもあるので注意が必要です。

妊娠中や授乳中の人にも処方されることが多く、飲んで大丈夫かな?っと思われる方も多いようですが、一般的には問題ないとされています。

心配だったら病院で聞いてみるといいと思います。

また、葛根湯を飲むタイミングですが、漢方薬なので空腹時の服用が一般的には適しているようですが、市販の物も含めて、葛根湯は 1 日 3 回くらいが目安なので朝昼晩の食事前といったところでしょうか。

葛根湯でインフルエンザ治療

インフルエンザが漢方で治るという説がありますが、その漢方の中に葛根湯も名前があがっています。

インフルエンザの場合、西洋薬(タミフルとか有名ですよね)が処方されることが多いと思いますが、季節や症状によっては漢方で「銀ぎょう散」「麻黄湯」などの検討余地もあるようです。

ただ、ウイルスを死滅させる効果があるわけではないので、そこは要注意です。

葛根湯と風邪薬の併用については薬剤師さんの意見も分かれるようですが、風邪薬との併用はその時の薬剤師さんや医師に確認した方がいいですね。

栄養ドリンク程度なら大丈夫という意見もあります。

葛根湯は肩こりにも効果がある?

葛根湯は発汗作用を促す薬なので、肩こりに効くと言われています。

ただ、肩こりを解消するだけで葛根湯のすべての成分を接種するのはリスクもあります。

医師が勧めた場合はいいと思いますが、安易に飲むのは避けたいですね。